医療法人 愛和会のご紹介

病院理念

患者様、ご家族がいつも安心して利用することができる病院を目指します。


基本方針

1 - 患者様をいつも第一に考え、温かく真心を込めて接します。

2 - 地域と密着し、質の高い、より良い医療を継続して提供します。

3 - 向上心と誇りを持ち、互いに敬愛して努められる職場を作ります。


最近の医学の進歩、少子高齢化の進展などに伴い、現代の医療は非常に複雑かつ多様化しており、 医療と介護の境界もなくなりつつあります。このような状況に対して医療の機能分化や介護保険の導入などが行われてきました。当院では介護療養から医療療養への転換という時代の流れの中で、その変化を吸収しながらも病院自体のソフト面における機能の充実と質の向上を図ることに尽力してまいりました。

そして「患者様を第一に考え温かく真心を込めて接します」「地域と密着し、質の高い、より良い医療を継続して提供します」という理念のもと、設立当初より患者様に心から寄り添うような医療を目指し、地域の皆様に支えられ本年で61年目の歴史を刻むことができました。

地域での医療の責任を果たすために、灘区医師会を始めとして近隣の先生方との連携を強化し、また、地域の方々へ幅広いサービスを提供できるように篠原あんしんすこやかセンター、指定居宅介護支援事業所かなざわ、デイサービスセンターかなざわを併設しており、より地域密着型の病院として健康と医療に貢献していきたいと考えております。

今後、高齢化が急速に進行し、皆様のニーズも変化していく中で「真に求められる医療とは何か」を考える必要があります。そのうえで病院運営も多種に渡りまして必要に応じ、新たな展開を臨機応変に行ってまいりたいと考えています。今後とも、地域の皆様におかれましては、なお一層のご指導、ご鞭撻ならびにご支援の程宜しくお願い申し上げます。

医療法人愛和会 金沢病院 理事長
金澤 秀樹

ページ上部に戻る